スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

内田智与

今さっきホームページを訪れたら、カウンターが10000を突破していました!!おぉお~。
私は惜しくも10001番目だったのですが…どなたが踏まれたんでしょう。キリ番ゲットした方は申告してくだされば団員から素敵なプレゼントが!(…ありません。)




話は変わりますが、私只今音響作業中でして、図書館やら某蔦屋から効果音CDを借りてきています。
その中には変わった音も多々収録されておりまして。。その一部をご紹介します。

・「いかにも港らしい港」
 …いかにもて。何をもっていかにもなのでしょう。
・「阿鼻叫喚(男・女・子供)」
 …この漢字が醸し出すほどの酷さではなかったのでがっかり。そしてどういう時に使うんだろうかこれは。
・「ナースステーション」
 …ナースコールに対する看護婦さんの「どうかしましたか~?」という声は入っているものの、そのあとノーリアクション。放置プレイですか。

こんな不思議な音ばかりでも「おっ!これすごい!」と思ったのもありました。
例えば「列車の走り(トンネル~地上)」。あのもうすぐ出口だな~っていう音と、出た瞬間の変わりようがすごいリアル!目をつぶってたら錯覚を起こしそうです。
あとは「鉄階段昇り」と「鉄階段降り」。違いなんてあるのか?となめてかかったら…の、昇ってる!!!降ってる!!!!
些細な違いなのに、こんなにも分かるという音に改めてびっくりです。




日常のちょっとした音、もう一度良く聞いてみようと思います。

スポンサーサイト

2007.07.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 内田

«  | ホーム |  »

プロフィール

劇団ドラマチッカーズ

  • Author:劇団ドラマチッカーズ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。